車買取業者で買い取りと新車のディーラー下取り¥0

10年以上乗ったかみさんのムーブカスタム。多少ボロになってきて(特に下回り)車検が近づき、車検を通すか買い替えるか迷っている時に車屋さんに言われた一言。下回りの修理が必要ですね。と、実際に見せていただいて確かに…と納得。そこから車検が切れるギリギリまで乗り、新車を買うという確約の元台車を借り、車買取業者をネットで調べて査定を家まで来てもらってやることになりました。
金額は… 安くて言いたくないぐらいの金額ですが、車買取業者さんの台車として使うとのこと。買い取ってもらい引き取り時には車検が切れていたのでレッカーみたいな大きな車でナンバーを外して持っていきました。子供たちと興味津々で見ていた記憶があります。
車屋さんの下取りってあってないような値段。廃車にするにもお金がかかる。買い取ってもらって再利用できるにこしたことはない。そして、新たな気持ちでラパンの新車を購入。ムーブを使い切った感があり満足できる車購入までの道のりでした。
自分の車を買う、売る時は新車のディーラーで中古を購入して古い車は下取り¥0で廃車でお金を取られて買い替えた記憶がありました。結局その車屋さんはその下取り¥0で引き取った車を他人に売りました。えっ! 知らぬが仏だったのに、なんと担当者が車のオリジナルのキーないですか? って、聞きに来たもんだから発覚してしまった事件。こんなことがあったのでかみさんの車は買取。

購入時期を早めたおかげで機能のよい新車を安くで購入できました

マツダのデミオを7年使用し、走行距離も8万キロを超え来年売却して中古車を購入しよう予定していたところ、先日思いがけず助手席側のドアをぶつけてしまい、そのおかげで助手席側のドアの開け閉めがなかなかスムーズにいかなくなってしまいました。運転する分には問題なかったのでそのまま乗り続けていたのですが、最近になってドア用の警報サインがついたままの状態になり、バッテリー上がりで車が乗れなくなってしまいました。そこで、マツダのディーラーで来年乗り換える予定なので、とりあえず扉が閉まって車検に通る状態にしてほしいと相談しました。すると、ディーラーはおそらくドアを新しく取り換えないと無理だろうということで、突然の新たな出費に呆然としてしまいました。車の買い替えはこの冬のボーナス払いで購入を予定していたので大変困りました。そこでディーラーの営業マン事情を話したところ、色指定しなければ安めに購入できる車がある、ということで修理するかわりにその新車を購入することにしました。色は好きな色ではなかったけれども、車の機能は自分の希望していたものより優れた装備だったのでとても満足した車の買い替えとなり喜んでいます。

新車購入から納車までのワクワク感は何にも変え難い

2年程前にTOYOTAのアクアX-URBANを新車で購入しました。
新車を購入するまでは、ダイハツのミラジーノの購入価格50万円ほどの中古車に乗っていました。車体のフォルムやフェースは気に入っていたのですが、遠方へのドライブや親の介護などが増えてきたこともあり、積載量の低さと燃費の悪さから買換えを決意しました。長年連れ添った愛車を手放すのは非常に物悲しく、いつか今の状況が変わったら、またミラジーノを購入しようと考えつつ、当時普通車の中では最も燃費の良かったアクアX-URBANを購入しました。
完全受注生産とのことで、納車まで5週間ほどかかりました。始めは新車の購入に乗り気ではなかったのですが、いざ車体の色やパーツ、内装を決めて購入手続きを終えると、もうミラジーノのことは忘れて、早く新車に乗りたい気持ちでいっぱいになりました。
納車までの5週間で、トヨタの雑誌を購入したり、ドライブ先などを検討したり、納車されていないにも関わらずずっと車のことを考えていました。
よく考えてみると不思議なのですが、新車に乗っている時よりも納車を待っている時の方がワクワクしているんです。このワクワク感は不思議ですが何にも変え難いものです。