車を初めて買ったときと売った時のお話です。

私は30歳を過ぎて免許を取りました。
自動車学校にもお金がかかったので車を買うお金はあまりありませんでしたが、バイト先の方の紹介で車屋さんに中古車を世話してもらいました。
車のことはわからなかったので車種も色なども全部人任せです。
軽自動車でしたが中古車でも軽は結構思ったより高くて、50万円くらいしました。
一括では買えなかったので、アルバイトの収入から毎月せっせとローンと駐車場代を払いました。
5年くらい乗りましたが事故が怖くおびえてしまってあまり運転が好きになれず、結局売ることになりました。
ネットで買い取り査定などして高いところで売ろうかとも思いましたが、結局車を売ってくれた中古業者の方に売ることになりました。
その時の金額は確かかなり安かったと思います。
信用している方に全部任せるのはラクでしたが、次に車を買うことがあれば自分で色々調べたりして買いたいと思います。
売るときも同様、少しでも高く売れるようにネットを賢く利用しようと思います。

私が中古車を購入した際に迷った話

私は今年の夏に中古車を購入しました。
まず、車を買う上で迷う事と言ったら「新車で買う」か「中古車で買う」ことだと思います。
私も迷いましたが、知人に相談した所ある答えが返って来て、私は「なるほど」と思い至り中古車を購入することにしました。
知人曰く、「何故新車に拘るのかわからない。500万の新車も5年経てば200万になるし、10年経てば50万になる。見栄の為にオプションやらなんやら付けた所で本当に使うかもわからない。それなら数年待って型落ちの中古車を安く買った方が良い。最近の中古車は車検もしっかり通して整備してあるからそうそう壊れることはない。」
と言われましたが、私はその時点ではまだ中古車を買うに至っていませんでした。
しかし、知人は続けてこう言いました。
「新車を500万で買うのと中古車を200万で買って、毎年旅行行くのではどっちが家族が喜ぶと思う?」
そう言われ、私は中古車を購入する決断をしました。
人それぞれの考えがあると思いますが、私としては新車を買うメリットはあまりないのではないかと思います。

わたしが初めて車を買った時のこと

私が初めて中古車を買った時の話をします。運転免許を取得して以来、約10年間ペーパードライバーでした。住んでいた場所が都心だったこともあり、我が家は車を持たずに、旅行先でレンタカーを借り、その時に少し運転するくらいでした。そんな私が車を買ったきっかけは、多くの家庭が車を移動手段にしているという地方への引っ越しでした。なれない運転を克服し、家族のために運転をするべく車を購入しようと決意しました。最初は「性能がよいといわれる新車を買うのか」それとも「新車より安く買える中古車を買うのか」を悩みました。最近の車には衝突事故を防げるような安全な機能がついている事や四方を見渡せるカメラが付いている事など、新車には惹かれる魅力がいっぱいでした。しかし、運転に慣れていない私は、車をどこかにぶつけてしまうだろうという不安も大きく、それなら多少ぶつけても気持ちが落ち込まないような、安く買える中古車を選ぼうと決めました。中古車ディーラーをネットで検索し、そのお店に行きました。駐車場のような売り場に数百台並んだ車を歩いて外から見てまわりました。担当の営業の方に、詳しく説明を聞きながら車を見学するのですが、初めての経験なので、正直ピンとくるものはないと思っていたら、「これがいい!」という車がありました。家族も大賛成、即決しました。「中古車は出会いですからね」といった営業の方の言葉が印象的でした。