外国産車の買い取りはリスクが大きい?

自分の愛車を売ろうと考えた時、少しでも高値がついてほしいものですよね。少しでも高値で買い取ってもらえれば、資金が増え、次の車を選ぶ幅も広がります。しかし、なかなか自分の思ったような金額がつくことは難しいものです。

特に、外国産車の場合は国産車の場合に比べ、安値での取引を強いられてしまうことも多いのが現状です。その理由は、外国産車は国産車に比べて故障しやすく、修理に時間もお金もかかり、維持費も多くかかってしまうことから、業者にとってリスクが大きいからです。また、国産車に比べて外国産車は相場の変動が激しいことも大きな理由になっています。

保証書と整備記録簿で査定額大幅アップ

しかし、外国産車のニーズも少なからずあり、外国産車を専門に扱っている業者も全国にたくさんあります。「故障しやすい」と言われている外国産車は、メーカー保証を受けるための「保証書」、「整備記録簿」などがあることで、その車がこれまでにどのように整備され、故障や不具合がなかったかなど、買い取り業者が正確に把握できる資料となり、査定がスムーズに進みます。また、雨の日には乗らない、保管は屋根付きのガレージにしていた、喫煙はしていない、などのポイントも高く評価されます。

そして、外国産車はカスタム車よりも純正車のほうが高値で取引される傾向がありますので、もし自分でカスタムした場合は、ホイールなど、純正の物を保管していることも査定のポイントになります。一般的な買い取り業者だと、外国産車の相場を正しく理解している所は少なく、在庫になるリスクが高いため、買い取りの敬遠や、安値での取引になってしまうことがほとんどです。そこで、インターネットで複数の業者に一括で査定を依頼することが、相場も把握出来、高値で取引できるポイントになります。時間を気にせず、自分の自由な時間でインターネットから査定を行って自分の納得のいく取引が出来るといいですね。

各社がどんな所をポイントにみているか、一発でわかります。

今の前の車を一括査定で見積もりをとりました。最終的には、具体的な名称になってしまいますが、ガリバーで買い取ってもらいました。
最初に、車買取を検討したとき、どうするか正直迷いましたが、そのころインターネットでかなり一括査定で車を売ることが一般的な話題になっていたので、やってみようと思いました。
中古車査定の場合、一括査定をすると各社でかなり金額の違いがでます。
私の場合、フォレスターを新車で購入し、2年間乗って販売をしたのですが、ガリバーは75万円、他は65万円だったと思います。ガリバーに行って、具体的に話しをしたときに担当者が話しをしていたのは、「回転がいいので、高く買取ができます」でした。
ガリバーの場合、買い取った車をすぐに売却できるため、高く買取ができるようです。事故が無く、故障も無く、オプションがあまり付いていないノーマルバージョンが良いようです。
たぶん、車買取を中古車査定の一括査定をしていなかったら、あまり気にしていなかったかもしれません。